人生はホームステイ日記

雑記。初めて夢を持った社会人の話

これ以上耳が悪くなりたくない!イヤホンについて

昔々、初めて軽音楽部の部室に入ったとき、

めっちゃ爆音やん!何も聞こえん!

とびっくりしたものです。

 

あれから約10年。

今はもう、スタジオで爆音がなっていても、平気です。

月1くらいでライブも行きますが、だいたい大丈夫。

 

耳が慣れた…?

いや、ちょっと耳が悪くなった…?

と、うすうす思っていました。

 

そして今年シンセを手に入れて曲を作ったり練習したりしていたところ、

何か前より、聞こえにくい気がする…

 

ヤバイかも。

シンセってスピーカーついてないから、ずっとヘッドホンつけてたんですよね。

一層耳の悪さが加速したのか…?

 

これ以上耳が悪くなったら困る!

聴力は戻らないっていうし…

 

ということで、今、なるべく耳に優しいイヤホンを探し中です。

 

どうしてヘッドホンじゃなくてイヤホンかというと、

耳にヘッドホンのふかふかしたところが当たっていると、

痒くなるからです。(肌弱め)

 

そこかよ、聴力関係ないやんって感じですが、

痒くて耐えきれなくなってヘッドホン外すことがしばしばあり。

次回は絶対イヤホンがいい!

 

ではどんなイヤホンがいいのか。

いろいろ調べてみました。

 

耳に優しいのは、ずばり、遮音性が高いものだそうです。

外の雑音がうるさくて音楽が聞こえない→音量を上げる→耳に悪い

らしいです。確かに。

 

さらに調べると、ノイズキャンセリング機能付きイヤホンがいいらしい。

何か聞いたことある!SONYのとか。

雑音の逆の音波を出して消してくれるとのこと。

すごい…!

電車に乗っているときは便利そう!

 

あとは、リスニング用じゃないけど、ライブで使うイヤモニも遮音性は高いそう。

耳の形に合わせてオーダーメイドすると◯十万って世界…

でも、オーダーメイドじゃないものでも十分らしい。なるほど。

 

あと、また聴力関係無いけど、

どこかの音域を強調しないものがいい。

前にシンセで作った曲をヘッドホンで聴きながらmixして、

OKだと思ってiPhoneに入れて車で再生したら全然バランスおかしくて聴けたもんじゃないってことがあって。

そう考えると、どの再生機器でもいい感じで聴こえるようにmixするっていうのはやっぱプロの技だなぁ…

 

話が逸れた上にまとまりませんが、

いつか機会があれば、イヤホン専門店もあるみたいなので、実際に試してみたいなと思っています。

 

あと、タワレコにいい感じに音をカットしてくれる耳栓が売ってるので、

次回のライブには付けていってみようかと。

 

とにかく音量には気をつけて、作業しようと思います!